水野敬也さんの「夢をかなえるゾウ」「夢をかなえるゾウ2~ガネーシャと貧乏神」
を読みました。ご存知、ベストセラーの小説なのですが、小説というか
笑える自己啓発本で面白くて一気に読み終えました。

水野敬也さんを私は存じ上げなかったのですが、とっても有名な
作家さんなんですね。この方のHPにミズノンノという企画が
あって、「まずは持っている洋服を全部燃やして、ファッションを
一から学び直す」という「オシャル技術」というページをたまたま
拝見しました。こちらもめちゃくちゃ面白い文章です。

本当に水野先生はご自分の洋服(というか下着や靴下、靴も含めた衣類
全部)を燃やしてしまうのですが、その総額200万円!(汗)
すごいことになっていて、ちょっとビックリしました。今ファッションを
見直したい私としては大変興味があるのですが、企画が途中で頓挫しちゃった
のか、尻切れトンボになっていてちょっと残念。結果「オシャル」ことは
出来たのか知りたいところです。

で、このHPを見ていた時に思い出したことが、仕事で出会うお客様で
モノが多くて悩んでいる方の中にたまに「家の中のものを全部燃やしたい」
とか「洋服を全部捨てて買いなおしたい」という過激発言をされる方が
いらっしゃいます。

そんな時は「まぁまぁ」となだめるのですが、実際やっちゃったケースが
見られて、勉強になりました。

全裸で生まれ変わる!と身に着けているものを本気で全部燃やしてしまったら
さっそく次の日から洋服や靴がなくて「仕事に行けない」「買い物にも行けない」
という問題に直面していて、ジャージや100円ショップで下着や靴下やスリッパ
などをお友達に買ってきてもらっていて、「モノがないと人は暮せない」と
改めて感じました。

沢山のモノの管理に悩んでいる方は、「モノさえなければ」とモノが憎々しく
思うことがあるのもよくわかるのですが、やっぱり「モノ」がなくては
私たちの生活は成り立たないんですね。

モノと人との関係は本当に奥深い。上手くできている人は本当に少数なの
かもしれませんね。クローゼットを見直し中の私としても興味深い
内容でした。
モノはエネルギーを持っていてそれを上手に使わせてもらうことで、私たちの
暮らしは豊かになるけど、モノのエネルギーを上手に使いこなせないと、家が
おかしな空気になる。するとそれを一掃したくて「全部モノをなくしたい」と
思ってみたり。なかなか難しいですね~

「夢をかなえるゾウ」の一番最初のガネーシャの教えは「靴を磨く」です。
毎日自分を支えてくれているモノを大事にできない人は成功なんかしない。と…

おっしゃる通りですよね。モノのエネルギーをお借りできるように、
今日から私も靴を磨いて寝ます…